頭痛(緊張型頭痛)が起きたときの対処法

緊張型頭痛の予防と自宅向けストレッチ法を紹介します。

 

頭痛にもさまざまな種類があります.

 

私の頭痛施術経験から

 

緊張型頭痛(一次性頭痛)がもっとも多い症状です。

 

特徴として、

女性に多く、

低血圧

立位、座位が長時間で動かない職種→うつむき姿勢が続く

枕が高い

 

このような場合で来院される方が多くみえます。

うつむき姿勢や枕はいつも指導させていただいています。

 

 

<緊張型頭痛>とは

 

1)頭の前ががみ姿勢(うつむき姿勢) 猫背傾向が続く

長時間のスマホやパソコン使用で首が前傾姿勢になり、首や肩の筋肉が緊張することで起こる。

 

2)目の使いすぎ 

スマホパソコンの長時間使用の日常化

 

3)精神的ストレスや疲労

 

ほとんどの場合は、頭全体、左右に認められます。

後頭部の圧迫感、頭重感、締め付け感が感じられることが多いです。

首や肩の筋肉の緊張から頭へ供給される血液の流れが悪くなる。

 

首こり、肩こりの症状が伴っていることが非常に多く、

ひどくなると耳なり、めまいに進行することもあります。

 

 

予防するには、

 

まず、姿勢を改善して首から肩への負荷を減らす。     

→本人の意識だけで変わります。

硬くなった首肩の筋肉の緊張を普段からほぐすことが大切です。

→ストレッチである程度の改善が期待できます。

 

是非、普段からケアしていただきたいと思いますが、それでも頭痛が起きてしまうことはありますよね。

 

そこで今回は、

緊張型頭痛が起きた時に、その場ですぐできる対処法をご紹介します。

頭痛がおきたら、首や肩の過緊張を速やかにほぐし血流改善させることが大切です。

 

  • ①両肩をぐっと限界まで上に引き上げて6秒間キープし、力を抜いてストンと落とすのを5回程度繰り返します。
  •  
  • ②右手を頭の上から左耳のあたりにまわし、そのまま右手で、頭部を右側に倒して首の左の筋肉を伸ばしましょう。
  • 真横に6秒、そのまま右斜め前にも6秒して戻します。3回まで
  •  
  • ③左も同様に、②を繰り返してください。3回まで

 ②③は慣れるまで少ない回数からはじめて、軽めに筋肉を伸ばしましょう!

 

 

緊張性頭痛を含めた片頭痛などでお困りの方やお悩みの方は、

お気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

    記事はありませんでした

安心の返金保証

※初回に限り対象でご満足されなかった方は施術後に受付にお申し付けいただければ料金は全額返金致します。


お越しいただけたら責任を持って
症状を改善します!

「どうしたら、1日でも早く症状を改善できるか」というシンプルな考えで日々技術の鍛錬し、施術しております。
私が一番得意としているのは、根本施術による症状改善です。

何十年と磨き上げた施術技術と改善事例から一人ひとり、最も合う施術プランを提案します。それが最も改善力が高まります。百聞は一見にしかず、是非体験にいらして下さい。

まこと整体へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧ください。

初めての方へ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

まこと整体ブログ

LINE@で2つのお得! 1LINE@お友だち限定クーポン配信 2お友だち追加でラクラク予約!

ページを閉じる

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

お問い合わせ

まこと整体ブログ

LINE@で2つのお得! 1LINE@お友だち限定クーポン配信 2お友だち追加でラクラク予約!

ページトップへ戻る